ぎおんの杜から

社会福祉法人・旭川荘のおすすめ製品カタログ

ブログ

雛祭りを前に・・・

2016.02.25[広報から

みなさんこんにちは。

寒い日が続いていますね。くれぐれもお体ご自愛ください。

 

さて、昨日24日は祇園地区で昼の市がありました。その様子を少しお届けします。

 まず、あおばから↓

今年、3人官女が追加された木製のひな人形を雛壇風にディスプレイ。これまで約80個制作したそうですが、バザーや荘内の注文で人気を集め、残りは9個に。私も姪へのプレゼントに購入しました。

 そして新聞紙エコバッグ↓

取っ手部分に毛糸を編みこんだひもをつかったかごバッグ(写真右)がお目見え!このかごバッグ、1個作るのに1日半かかるため、昼の市でもめったに並ばないレアもの。丁寧に編みこんだ模様が素敵です!大中小のバッグ3個セット(写真左)もお得な価格で売られていました。

 

続いて吉備ワークホーム↓

昨年誕生した古風なセラミックのひな人形(写真左)。小さくてかわいい姿に癒やされます。このほか、新生活アイテムとしてレッスンバッグなどがたくさん並んでいました。私は、前から欲しかった巾着袋セット(写真右)をゲット。春旅行など、お出かけに持っていくのが楽しみになりました♪

 

最後は、わかば寮「菓子工房わかば」↓

寒い中、利用者さん2人も元気に接客していました。右の写真は、私の好きなおからマドレーヌ。アーモンドがトッピングされています。この日の夜食にいただきました。

 

このほか、いづみ寮の花(クリサンセマム)や望の丘ワークセンターの野菜(椎茸、ほうれん草)なども販売され、女性客が買い求めていました。

以上、簡単ですが2月の昼の市のレポートでした。

 

次回は3月23日(水)に開催予定です。

今より暖かくなった頃に、お会いできるのを楽しみにしています。

 

ページトップへ

24日(水)は昼の市へ

2016.02.22[広報から

みなさんこんにちは。

「二月は逃げて走る」と言われますが、今月も残すところ1週間となりました。お元気でしょうか?

 

さて、2月24日(水)に昼の市が開催されます。

3月3日の雛祭り(桃の節句)を前に、あおばや吉備ワークホームの“ひな人形”がお目見え予定。その他、レッスンバッグなどの新学期準備用品も並びます。

 

春が近いとは言え、まだ寒い日が続くようです。

寒さ対策をしてお越しください。ご来場をお待ちしています。

  *昼の市*

日時:平成28年2月24日(水)11時~13時

場所:資料館南側広場

ページトップへ

今年最初の昼の市

2016.01.28[広報から

こんにちは。ここ最近寒い日が続いていますが、お元気でしょうか?

 

さて、27日は今年最初の昼の市。荘内からは5施設の店が並びました。旬のアイテムと合わせてご紹介します。

まずは、あおばから↓

小物雑貨にまじって、木製の「ひな人形」のサンプルがお目見え。今年は“3人官女”も仲間入りしています。2月の昼の市(24日)で販売する予定ですが、人気商品なので売り切れ必至!欲しい方はお早めに!!注文やお問い合わせは、あおば・みどり(086-275-2074)までお願いします。チラシもどうぞ→

 

続いて、吉備ワークホーム↓

受験必勝祈願のだるまのセラミックストラップの他、猿のオブジェに三猿(みざる、いわざる、きかざる)が登場!とってもかわいくて癒やされます♪

 

 

このほか、以下の3施設も出店。寒い中、職員と一緒に利用者さんも元気に接客していました。

わかば寮↓           いづみ寮↓         望の丘ワークセンター↓

 なお、わかば寮の菓子工房では、望の丘ワークセンターの「りんごjam」を使って、“りんごケーキ”を作ってみたそうです。まだ試作段階ですが、完成したらこのブログでも紹介させてもらいます。お楽しみに♪

 

以上、簡単ですが1月の昼の市レポートでした。

 

次回の昼の市は、2月24日(水)に開催予定です。

ご来店お待ちしています。

ページトップへ

100枚のマット展 刺繍作品を追加展示

2016.01.21[愛育寮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月15日より開催している「100枚のマット展」

皆様に大変好評をいただき、道行く方が「展示をみてどうしても入ってみたくて来ました。どれも温かくて良い作品」と感想文を寄せてくださっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示期間も折り返し地点となり、刺繍の作品も新たに搬入しました。

マットもまだまだ作品があるようです。

是非、足を運んでいただけたら幸いです。

 

開催日:2016.1.15(fri)- 1.25(mon)

開催場所:後楽ホテル アートスペース 日だまり tel 086-221-7111

お問い合わせ:愛育寮 織り工房 086-275-2458  ( 9:00~16:30)

ページトップへ

りんごhanko、“ハレマチ”で発売中

2016.01.06[広報から

「やたかの里りんご園」(高梁市川上町)のりんごの枝から作られたりんごhankoが昨年末、イオンモール岡山(岡山市北区下石井)5階のハレマチ特区365にお目見えしました!望の丘ワークセンターの新製品です。

 りんごhankoは、自然の風合いを大切にし、りんごの木の皮をそのまま残しているのが特徴です。ハンコ完成までのストーリーを紹介したミニ絵本も一緒に、かわいい小箱に入れて販売しています。

 

店頭で取り扱うのは以下の2種。

*「スタンプ」(税込み各1,800円)

イラストとともに「ありがとう」「Happy」などのメッセージを刻印。8つのデザインを用意しました。

印字面はこちら↓※白い部分が印字されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*「氏名印」(税込み2,800円)

行書体や手書き文字など7種類の書体が選べます。

 

りんごの木をそのまま使っているので、ちょっと曲がっていたり、節があったり、かたちは1つ1つ異なります。世界にたった1つのりんごhanko♪ 自分用はもちろん、プレゼントにもおすすめです。

 

なお、氏名印は望の丘ワークセンターに直接注文していただくことも可能です。下記の注文用紙をご使用ください↓

りんごhankoチラシ

★ りんごhanko 製品紹介ページ

 

お問い合わせは、望の丘ワークセンター(0866-48-3080)までお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

新年早々、新商品のご紹介です☆

2016.01.05[せとうち旭川荘

 

皆様あけましておめでとうございます。新年もせとうち旭川荘をよろしくお願いいたします。

新年早々、新商品のご紹介です。

 

2016年「切り絵カレンダー」  800円(見開きA3サイズ)

 

皆様からのご要望にお応えして遂に完成いたしました!季節に合わせた切り絵作品を印刷し、カレンダーに仕立てました。使い勝手も考え、2ヶ月表示や六曜の表示、予定なども書きこめるようなるべく余白を設けた使用となっております。本来であれば年末までに、お知らせが出来れば良かったのですが完成したのがギリギリという事もあり、案内がこのタイミングとなりました事をお許しください!もう少し早ければもっと売り上げも見込めたのにと悔やむばかりです(笑)しかし、悔やんでばかりもいられません!せとうち旭川荘の切り絵ファンの皆様!この機会に是非、お買い求めください!

 

ページトップへ

クリスマスを前に・・・♪

2015.12.17[広報から

みなさん、こんにちは。

来週はクリスマス―。旭川荘の「結びの園」では、毎年恒例のイルミネーションが点灯しました!

今年は雪だるまが加わったり、生け垣にも電飾を追加したり、昨年よりグレードアップ!お立ち寄りの際は、ぜひご覧ください☆

 

さて、16日に今年最後の昼の市を開催しました。クリスマスグッズはもちろん、新製品をご紹介します。

まずは「吉備ワークホーム」から↓

今回、セラミックでできたサンタやツリー、雪だるまのほか、“紅白”のサルが、小さな切り株にちょこんと乗ったオブジェが新たに登場!木のぬくもりも感じられて、とってもキュートです♪私はオフィスのデスク周りに置いて、時々眺めては癒やされています。

 

続いて、ブログでお知らせした「望の丘ワークセンター」のりんごjam!!

試食したお客さんからは「おいしい」との嬉しい声も♪短時間で5個売れていました!

すでに「りんごjamのチラシを見て注文しました」という荘内の職員もたくさんいて、幸先良いスタートとなりました☆

なお、今週末12/20(日)に岡山市内の西川緑道公園で開催される「有機生活マーケットいち」でも限定販売させていただく予定です。お求めの方は、ぞうぞお出かけください。その他、お問い合わせは望の丘ワークセンター(0866-48-3080)へお願いします。

 

そして最後は、「あおば」↓

クリスマスのアイテムと一緒に、「新年グッズ」が早くもお目見え!来年の干支“申(さる)”の木製オブジェを販売していました♪ 台座には着物地のほか、“畳縁”を使ったものも追加!オシャレでかっこいいです♪干支のオブジェは、店頭に並んだ途端、飛ぶように売れていました!

 

その他、「愛育寮・カメリアベーカリー」のパンや、「いづみ寮・園芸班」の花(葉牡丹&ビオラ)も人気を集めていました。

 

以上、12月の昼の市レポートでした。

 2015年の昼の市は、たくさんの方にご来場、お買い上げいただきまして、誠にありがとうございました。また来年、お会いできることを楽しみにしています。

 2016年最初の昼の市は、1月27日(水)に開催予定です。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

ページトップへ

「りんごjam」ができました

2015.12.14[望の丘ワークセンター

 望の丘ワークセンターは、「やたかの里りんご園」(高梁市川上町)で採れたりんごをたっぷり使った新製品「りんごjam(ジャム)」を発売しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弥高山麓に広がる「やたかの里りんご園」では、望の丘ワークの利用者が一年を通してりんごの木300本(他に梨の木100本)を育てています。ここで採れるりんごは毎年およそ8トン。多くは“果物のりんご”として旭川荘昼の市(毎月1回、通常は第4水曜に開催)や地元の農産物直売所などで販売していますが、収穫などの際に表面に傷が付くなど売り物にならないものも出てしまいます。

 こうしたりんごの活用策として、地元の「ウカンファーマーズファクトリー」(同市有漢町)に依頼して、共同開発したのが「りんごjam」です。

 「りんごjam」は果肉をしっかり煮詰めたさらりとした「ジャム」(写真右)と、果実の形を残した「プレザーブスタイル」(同左)の2種。りんごの美味しさを味わっていただくため、低糖度(約40度)に仕上げました。同社が果実をジャムに加工し、望の丘ワークの利用者がラベル貼りなどを担当しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「りんごjam」は2種いずれも500個限定で、150g入り500円(税込)。昼の市のほか、高梁市のポルカ天満屋ハピータウン、同市内の農産物直売所などで販売します。

 お問い合わせは望の丘ワークセンター(0866-48-3080)へお願いします。

ページトップへ

「りんごhanko」間もなく発売です!

2015.12.01[望の丘ワークセンター

望の丘ワークセンターが管理運営する「やたかの里りんご園」(高梁市川上町)。
冬場に剪定したりんごの枝を活用してハンコを作りました。
その名も「りんごhanko」。

今回は、りんごの栽培風景と、りんごhankoの制作風景をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弥高山麓に広がるやたかの里りんご園では、1~2月に剪定を行い、1年が始まります。

これまで燃やしていたこの剪定枝が、りんごhankoになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春から秋にかけて、堆肥、摘果、袋かけなどを行い、丹念に育てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実りの秋、りんごの収穫です。笑顔がこぼれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剪定枝は、自然乾燥を経て吉備ワークホームで刻印(レーザー加工)。

最後は一つひとつ手で磨いて仕上げます。

 

りんごhanko 製品紹介ページ

★ 「 りんごhankoのおはなし」(PDF)

 りんごhankoができまるまでの物語が、絵本になりました。

 りんごhankoを眺めながら、お子様とご一緒に、ご覧ください。

 

ページトップへ

「100枚のマット展」を開催!

2015.11.28[愛育寮

 

古いセーターをほどいて、洗って、む・す・ぶ。

来年1月15日より、織り工房の結び織りマットの展示・販売を「100枚のマット展」と題して開催いたします。

できた一枚一枚は、どれも同じものはないただ一つのマットです。

工房の仲間たちの日々の手しごとを心ゆくまでご堪能ください。

 

開催日:2016.1.15(fri)- 1.25(mon)

開催場所:後楽ホテル アートスペース 日だまり tel 086-221-7111

お問い合わせ:愛育寮 織り工房 086-275-2458  ( 9:00~16:30)

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ