ぎおんの杜から

社会福祉法人・旭川荘のおすすめ製品カタログ

写真・作品展 in 川崎医大総合医療センター

2017.11.13[広報から

 毎年秋に旧川崎病院(岡山市北区中山下)で開催していた「旭川荘写真・作品展」。今回から、旧深柢小学校跡地に新設された「川崎医科大学総合医療センター」に会場を移し、実施させていただくことになりました。
 11月13日は初日。エスカレーターで3階に上がったところが会場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回で第31回となる「写真・作品展」。リピーターも多く、販売の準備をしていると「(販売は)今日から? 診察の後で買いに来るね」…と声を掛けてくださる方も。初日のオープンは午前11時の予定でしたが、お客さんが続々と集まり始めたので、10時過ぎに販売開始。人が人を呼び、クッキーにマドレーヌ、らっきょう…と食品を中心に次々と売れていきます。

 新製品、パッケージをリニューアルした製品もいくつか並んでいます。

 望の丘ワークセンターの「りんごjam」。製造委託先が変わり、瓶の形も一新。ラベルには「『シナノスイート』で作った…」とりんごの品種が入りました。また「おから茶」もポット用の大きなバッグからカップ用ティーバッグになり、パッケージも新しくなっています。

 わかば寮の「米粉クッキー」(紅茶、ごま)も写真・作品展初登場。さくさくとした軽い歯触りと、口の中でほろほろと溶けていくソフトな食感は、ちょっとくせになりそうです。ダイエット中の方にも嬉しい、グルテンフリースイーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかに目新しいのは、いづみ寮・祗園窯の陶器「無地シリーズ」。祗園窯といえばドット(水玉模様)が入った器がよく知られていますが、すっきりとシンプルな無地もお洒落です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の干支戌(いぬ)にちなみ、犬関連の製品も取り揃えています。

 先月の昼の市ブログでも取り上げた、あおばの「正月飾り」。水引を使った吊るすタイプも好評で、並べた先から売れていきました。また、せとうち旭川荘は3年前の未(ひつじ)年から手掛ける干支のオブジェを販売。白い犬と茶色い犬の2種類ありますが、どちらも可愛いので迷ってしまいます。

 会場には、利用者がボッチャを楽しむ様子や、農作業に取り組む姿など、各施設の日常風景を写した写真を「つくる」「働く」「笑顔」のテーマに分けて紹介しています。キャプションと合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、6月の「写真・作品展」(倉敷市・川崎医科大学附属病院で開催)と同様にアート作品コーナーを設け、旭川荘アートギャラリーに出品された水彩画や切り絵なども展示しています。細かな描写や大胆な色使いに、思わず足を止めて見入る方も…

 

「写真・作品展」の会期は11月13日から17日まで。午前9時から午後4時まで(17日は午後2時半終了)ご購入&ご覧いただけます。掘り出し物を探しに、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

11/3,4は岡山駅で「ノウフク野外マルシェ」

2017.11.02[広報から

みなさん、こんにちは。

11月に入り、寒くなってきました。体調管理にはお気をつけください。

 

さて、11/3(金),4(土)の2日間は、岡山駅東口駅前広場で開かれる「ノウフク野外マルシェ」に、旭川荘から望の丘ワークセンター、松山ワークセンター、真庭地域センター、吉備ワークホーム、わかば寮の5施設が合同で出店します。昨秋、今夏に続いて3回目。先ほど、スタッフと一緒に搬入と陳列をしてきました。

こちら、旭川荘ブース(左から2番目)も並ぶ外観↓ ※岡山駅東口の階段を下りて右側近くです!!

反対側から↓

 それでは、旭川荘が販売する製品の一部を紹介します。

*食品コーナー*

農産物↓

望の丘ワークセンターは、旬のりんごを限定で30個販売します!

また、人気のおから茶(三角パック)はパッケージを一新。初日に限り、試飲ができます(なくなり次第終了となります)。

 

 

こちらは焼き菓子↓

松山ワークセンター(写真上側)は、定番のCotoliクッキー5種類に加え、限定「くるみサブレ」(1枚入り、10個)も並びます。

 初参加のわかば寮(下側)は、おからクッキー7種と、おつまみシリーズ(BBQ、オニオン、ガーリック)を含むスティック8種がずらり。こちらも数に限りがありますので、気になった人はお早めに♪

 

*雑貨コーナー* 

真庭地域センターが木製のしおりや小物入れ、パズルを出品。一部、見本もありますので、ヒノキの香りをかいでみたり、触って質感を確かめてみたりしてください。

 

 

 

吉備ワークホームも、木製の名刺入れやパスケース、地図パズル(岡山県)をPR。その他、イノシシ革を使ったKIBINOのアクセサリーやバッグもたくさんあります。

 

 

 

ノウフク野外マルシェの告知は以上です。

明日あさって、岡山駅近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

なお、4日(土)は、吉備ワークホームの利用者さん数人が、店番や買い物に来る予定です。

ご来場お待ちしています。

 【岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ】→岡山県HP

◇日時:平成29年11月3日(金),4日(土)10時~17時◇場所:JR岡山駅東口駅前広場

ページトップへ

10月の昼の市と…

2017.10.29[広報から

みなさん、こんにちは。

日に日に寒くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、10月の昼の市が25日に行われ、荘内から4施設が出店。気になったモノを少し紹介します。

 まずは、吉備ワークホームから↓

定番商品、車いす用の布製バッグ。左右の輪になった持ち手を、車いすのハンドルに引っ掛けて使用。中にはこんな使用法も。自転車のハンドルに持ち手を掛けておけば、ひったくり防止にもなります(=写真右上)。工夫次第で、いろいろな使い方ができそうです。

バッグは他にもいろいろ↓

 

それから、プリントの柄を利用したヘアゴムもありました↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、あおば↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の干支・犬の正月飾りも登場していました。水引を使った新作の正月飾り(=写真右上)も。これは中の台紙を外して壁に掛けられ、イヌのマスコットは取り外してストラップとして使えます。

 

次は、愛育寮・カメリアベーカリーのパン↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のお買い得品は、チョコクロワッサンと

デニッシュ2種。160円が120円でした!

 

最後はいづみ

 

 

 

 

 

 

 

今回売っていた花は、ベゴニアとビオラ。荘内の職員も家庭用や施設のベランダにまとめ買いしていました。また、祗園窯といえばドット(水玉)の器がよく知られていますが、無地のシンプルなものも作り始めたそうです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら新作の茶碗2種↓

シンプルな白と、緑のドットとあり、広報室スタッフは迷った末に緑の方を購入。小ぶりなので、鍋物などの取り鉢としても使えそうです。

 

以上、10月の昼の市レポートでした。

 次回は、1122日に開催予定です。

ご来場、お待ちしています。

 

 

 さて、イベントのお知らせです。

 来週113(金)、4()に、JR岡山駅東口駅前広場で「ノウフク野外マルシェ・秋」が開催されます。旭川荘から、望の丘ワークセンター、松山ワークセンター、吉備ワークホーム、真庭地域センター、わかば寮の5施設が出店します。近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

【岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ】

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

8月の昼の市は…

2017.08.23[広報から

連日厳しい残暑が続いていますね。 皆さん、夏バテなどしていませんか?

毎月第4水曜日は祗園地区の昼の市。 8月23日もカメラを持って、買い物に行ってきました。

今回は、いづみ寮の窯業班が参加するとの情報を事前にキャッチ。いました!いづみ寮の皆さん、すでに児童院2号棟前にスタンバイしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉敷のミュージアムショップで大好評の三角花器にフリーカップ。一回り大きめのマグカップと蓋付きの器は新作だそうです。
そして女性に人気の「鳥のブローチ」も。
用意した2個は早々に売れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園芸班も花の苗を販売。上の棚は「サルビア」、下は「ポーチュラカ」です。
担当の職員によると、今夏は日照不足と高温多湿で、苗の生育も今一つとのこと。
でもポーチュラカの苗3個100円って…安過ぎでは???
次回9月の昼の市には「ナデシコ」「ベゴニア」が並ぶそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いづみ寮のお隣は、吉備ワークホームのお店。「KIBINO」製品を中心とした品ぞろえです。
写真右上の円いチャーム以外は他法人の製品ですが、KIBINOブランドを手掛ける“仲間”ということで相互に販売するようにしたところ、全体の売り上げもアップ!
昼の市でイノシシ革のアイテムがいろいろと選べるのは、ファンとしても大歓迎です。

そして吉備ワークのお向かいには、あおばが出店。
今は季節ものの製品がなく、ちょうど端境期とのことですが、敢えておすすめを聞くと、「竹炭入り花かご」をプッシュしてくれました。
ラップを外してお部屋に置くだけで消臭効果が期待できるそうです。
リビングに一ついかがでしょう?

昼の市の日のランチは、愛育寮カメリアベーカリーのパンと決めています。
いつも早々に売り切れてしまうので、取材の前にクッキーと合わせて購入。
よく冷えたアイスティーをサービスしていただき、ほっと一息つきました♪

さらにさらに、毎回素通りできないのが、ときわヴィレッジの手作りハム。
今回は肩ロースハムとスモークチキンを買い求めました。
レタスやキュウリ、トマトなどとともにお皿に盛るだけで、いつものサラダがグレードアップ!献立に悩む主婦の強い味方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の昼の市は9月27日に開催します。

ブログをご覧の皆さん、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

7月の昼の市にて

2017.07.21[広報から

みなさんこんにちは。

岡山では梅雨が明け、暑い日が続いています…お元気でしょうか。

 

さて、7月19日に祇園地区で昼の市が行われ、いづみ寮、愛育寮、あおば、吉備ワークホームの4施設が出店しました。以下、順番に紹介します。

 いづみ寮↓

この度、日中活動グループの手工芸班が「クリエイト」に、園芸班が「ファーマー」へ変わって登場です。花は夏に咲くポーチュラカとトレニアが並び、ピンクのポーチュラカ(写真中央)が人気でした。また、隣では刺し子ふきんやビーズのストラップなどを販売。小さな折り紙の手裏剣とストラップが入ったセットもありました。来月は、窯業のグループが初めて陶芸作品を出品予定です。お楽しみに♪

愛育寮↓

カメリアベーカリーの惣菜パンや菓子パンがいろいろあり、いつも選ぶのに迷います。今回は中に細切りベーコンが入ったカレー味のロールパン(写真中央)と、カスタードクリームの上にブルーベリーがトッピングされたパン(写真右端)、クロワッサン(バニラ)をゲット。その日の夕ごはんに美味しくいただきました。

あおば↓

毎回、新作が並ぶ木製キーホルダーですが、鈴が付いた愛らしい招き猫と紅白の金魚を発見。私は涼しげな気分にさせてくれる金魚のキーホルダーを購入しました。ちょうどこの時、吉備ワークホームの利用者さんがプレゼント用に猫のストラップを選んでおり、あおばの皆さんとの会話を楽しんでいました。

 吉備ワークホーム↓

先月、昼の市デビューしたKIBINOデニムバッグ(写真左端)をはじめ、持ち手やポケット、ボトム部分にデニムをあしらった各種バッグがずらり。鮮やかなネイビーカラーが夏っぽくてオシャレです。私は“ゆるかわいい”猫のイラストが付いたペットボトルケースに一目惚れ。さっそく愛用しています♪

 

以上、7月の昼の市レポートでした。

次回の昼の市は8月23日に開催予定です。時節柄、くれぐれもご自愛ください。

皆さんのお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先月の昼の市で手に入れたKIBINOのファスナー財布

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

川崎医科大学附属病院で「写真・作品展」開催中(6/23まで)

2017.06.21[広報から

 

「第31回旭川荘写真・作品展」が19日、倉敷市松島にある川崎医科大学附属病院8階大講堂前でスタート。23日14時半まで開催しています。

 

会場には「つくる、働く、笑顔」をテーマに、利用者がビニールハウスで花を栽培する場面や、スポーツを楽しむ姿を収めた写真パネル35点を展示。荘内13施設で制作した手工芸品や食品など約2300点を販売しました。

 

 

初日の19日は、正午のオープンと同時に病院職員や受診に訪れた人たちが続々と来場。

 

 

 

 

 

 

 

おから茶やクッキーなどのお目当ての品をまとめて購入したり、そば殻のまくらやイノシシ革の財布などをじっくり選んだりしていました。

<食品コーナー>

 

 

 

 

 

 

 

↑楽しそうに買い物する病院職員          ↑種類豊富なわかば寮の焼き菓子

 

<日用雑貨コーナー>

 

 

 

 

 

 

 

↑望の丘ワークセンターの「純そば枕」      ↑吉備ワークホームのイノシシ革製品(KIBINO)

 

 

また今回は、旭川荘アートギャラリーに出品した絵画や陶芸作品などを紹介するアートコーナーを新設。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、3月に東京都美術館で行われたアートイベント「TURN(ターン)」に出展したビニール傘に絵を描いた作品も並べました。

 

それでは、 皆さんのご来場をお待ちしています♪

 

 

ページトップへ

「ノウフク野外マルシェ」に行ってきました!

2017.06.09[広報から

 6月最初の土日に、JR岡山駅東口駅前広場で開催された「ノウフク野外マルシェ」。
 旭川荘から望の丘ワークセンター、吉備ワークホーム、松山ワークセンター、真庭地域センターの4施設が合同で出展しました。
 2日目の6月4日、広報紙の取材を兼ねて会場へ…
 まさに“晴れの国 岡山”! すっきりと、よく晴れています。
 日曜日のお昼前。駅前だけに人通りも多く、大きな手荷物を下げた観光客の姿も見られます。

 2日目の販売担当は吉備ワークホーム。利用者さんも買い物を兼ねて参加してくれました。初日に続いて、ボランティアの高校生も手伝ってくれました。

 

 前日は望の丘ワークセンターが販売を担当し、おから茶の試飲も行いました。おから茶、乾燥しいたけとも、初日でほぼ完売。松山ワークセンターのクッキーも売り切れたそうです。 
 ※↓写真は望の丘提供

 

 

 

 

 

 

 

 

 イノシシの革を使ったKIBINOの製品に興味を持ってくださる方が多く、2日間でトートバッグだけで8点売れました。デザインや革の質感を気に入ってもらえたというのもありますが、「珍しいので、話のタネになりそう」と言って買ってくださった方もいました。他所ではあまり手に入らないイノシシ革の“希少性”はKIBINOブランドの強みです。
 また、真庭地域センターのヒノキ材の小物入れやパズル、しおりも人気を集めました。一部、パッケージを外して手に取れる「見本」にしたところ、「(ヒノキの)いい香りがする」「手触りがいい」となかなか好評でした。
 ※↓写真はKIBINOの新商品「デニムバッグ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 各施設の「ノウフク連携」(農業&福祉)の取り組みを紹介するパネルもブースに設置。イベント出店を通して旭川荘製品の良さをお伝えするとともに、福祉的な就労への理解も呼びかけました。

 最後にご報告…前回の同イベント(昨年11月19、20日に開催)より、2日間合わせて5万円以上売り上げを伸ばしました!
 買い物に来てくださったみなさん、ありがとうございました。
 そして望の丘ワークセンター&吉備ワークホームのみなさん、暑い中、本当にお疲れさまでした!

ページトップへ

今週末は「ノウフク野外マルシェ」、岡山駅へ

2017.06.02[広報から

みなさん、こんにちは。

6月に入り、蒸し暑くなってきました。体調管理にはお気をつけください。

 

さて、今週末6/3(土)、4(日)は、岡山駅東口駅前広場で開催される「ノウフク野外マルシェ」に、旭川荘から望の丘ワークセンター、松山ワークセンター、真庭地域センター、吉備ワークホームの4施設が合同で出店します。先ほど、搬入と陳列をしてきました。

こちら、旭川荘ブース(6番)の外観↓ ※岡山駅東口の階段を下りて右側すぐのところです!!

 

旭川荘が販売する製品は以下の写真のとおりです。新製品や限定商品を少しだけ紹介します!

 

*食品コーナー*

左側が、望の丘ワークセンターで、右側が松山ワークセンター。いずれも高梁市からやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望の丘ワークセンターは、人気のおから茶のパックを一新!「三角パック」になって登場です!

※初日の3日(土)に限り試飲を行います。(なくなり次第終了となります)。

また、松山ワークセンターのCotoliクッキーに限定の「くるみサブレ」がお目見え。お早めにどうぞ。

 

*雑貨コーナー*

真庭地域センター(左)は木工製品を、吉備ワークホーム(右)はイノシシ革やセラミック製品も販売。

真庭地域センターは今回、新たに木製のしおりを出品。レーザー加工で細かい模様がデザインされています。

そして、吉備ワークホームは、KIBINOのデニムバッグを新発売!サイズは大(A4マチ有)、中(A4マチ無)、小(ランチバッグ)があり、イノシシ革の持ち手のカラーは赤、緑、黄色の3色です。デニムとの相性もGOOD!

 

マルシェの告知は以上です。

明日、あさって、近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

なお、4日(日)は、吉備ワークホームの利用者さんが5~6人店番や買い物に来る予定です。

皆さんのご来場お待ちしています。

 

【岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ】→岡山県HP

◇日時:平成29年6月3日(土),4日(日)10時~17時

◇場所:JR岡山駅東口駅前広場

 

 

 

ページトップへ

先週日曜日は「後楽の森と川パークマーケット」へ

2017.05.31[広報から

こんにちは。

早いもので、今日で5月も終わり…新年度始まっての2カ月はいかでしたか?

 

さて、先週日曜日(5/28)は、岡山市民会館隣の石山公園で「後楽の森と川パークマーケットvol.11」が開催され、旭川荘から吉備ワークホームやあおば、望の丘ワークセンターなど6施設が合同で出店しました。旭川荘は2年前から毎春参加しており、今回で3回目です。※参考→初参加した時の様子

 こちら、新緑の木々の青葉がまぶしい会場風景↓

 

 

 

 

 

 

 

汗ばむ春の陽気の中、飲食や雑貨など約50の店がならび、家族連れや外国人を含む観光客らでにぎわっていました。

 旭川荘のブース↓

子どもから大人まで多くのお客さんが訪れ、「今回も買いにきました」と笑顔で話しかけてくれる人も。一番よく売れたのは、わかば寮「菓子工房わかば」のおからクッキーや米粉マドレーヌなどの焼き菓子。おからスティックは試食も行い、新作のアソートタイプなど用意した110個の菓子が完売しました。

 

また、今回初参加のせとうち旭川荘で作られたくるみボタンのヘアゴムや、ビーズのブレスレットが大人気!倉敷市から両親と訪れた姉妹は、「わぁ!かわいい」と言ってお気に入りのブレスレットを品定め。購入後は「見て、見て」と自慢げに披露してくれました♪

せとうち旭川荘はこのほか、施設がある牛窓町の周辺の農園で栽培されている「ユーカリのドライフラワー」と、利用者さんらが海岸で拾ってきたガラス片を瓶に入れた「シーグラス」を初めて販売。ちなみに、このユーカリの葉っぱは、神戸市立王子動物園のコアラのエサとして出荷されているそうです。

 

それから、毎回好評なのが、いづみ寮の陶芸作品の数々―。鳥のブローチは新色の茶色を含め15個全部が売れ、「スマイル」マークのフレームや大きめの皿なども、若い女性客らが買い求めていました。

 

以上、後楽の森と川パークマーケットのレポートでした。

 

なお、次回のマーケットは10月下旬に行われるそうです。旭川荘の出店は未定ですが、今後も街中でのイベントに出店し広くPRしていきたいと思います。

 

ところで、今週末6/3(土)4(日)は、岡山駅東口駅前広場で開かれる「岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ」に荘内4施設が出店します。詳細は次のブログで紹介します。

 

ページトップへ

5月の昼の市は…

2017.05.26[広報から

みなさん、こんにちは。

日に日に暑くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、5月の昼の市が24日に行われ、荘内から5施設が出店しました。新製品や旬のモノなどを少し紹介します。(画像をクリックすると、少し大きく表示されます)

吉備ワークホーム

朝採れの「新玉ねぎ」をはじめ、スナップエンドウとアラスカ豆を販売。私は購入した新玉ねぎを夕食に♪電子レンジで丸ごと温めて食べてみると、甘くて柔らかくて美味しかったです。来月も残っていたら持って来てくれるとのこと。お楽しみに! ※参考:吉備ワークゆめ農園→(2015年6月22日のブログ)

このほか、気になった雑貨もピックアップ↓

 

 

 

 

 


 

あおば

 

今回の目玉は、「四つ目織り」の新作!女性用のヘアゴムはすでにありましたが、以前「男性用」をリクエストしたところ、男性職員さんが考えてくれ、キーホルダーになって登場。使い込んだようなデニムの風合いが気に入って買いました♪

 

愛育寮・カメリアベーカリー

 この日は、定番の90円パンや大きめのくるみパン(250円)のほか、3個入りのデニッシュパン210円が150円とお買い得に。女性職員らが次々と買い求め、飛ぶように売れていきました。

 

わかば寮・菓子工房わかば

今月紹介するのは、以前「大納言ケーキ」という名前で、X’masなどに限定販売していた甘納豆入りの抹茶パウンドケーキ。しっとりとした食感で美味。夜食のおやつにいただきました♪

 

 以上、5月の「昼の市」レポートでした。

 

次回は、6月28日(水)に開催予定です。

梅雨の季節ですが、今度こそ晴れますように・・・

 

皆さんのお越しをお待ちしています☆

ページトップへ