ぎおんの杜から

社会福祉法人・旭川荘のおすすめ製品カタログ

ブログ

3月の昼の市にて

2018.03.28[広報から

 みなさんこんにちは。

連日の陽気により、旭川荘本部・祇園地区の桜もにぎわってきました。花見をするのが楽しみですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今年度最後の昼の市を3月28日に開催しました。春らしいアイテムや新製品の一部を紹介します。

 

愛育寮「カメリアベーカリー」↓

この日、ベーカリーおすすめの天然酵母パンに「米粉クッペ」が新登場!先日、工房で試食しましたが、表面の“パリッ”と、中の“モチッ”とした食感がクセになりそうです。今回は、旬の「桜あんパン」と、カスタードクリーム入りの「オレンジスライスパン」(いずれも90円)を購入。夜食に美味しくいただきました。

 

吉備ワークホーム

春らしいパステルカラーの布製品やセラミックの雑貨など、いろいろありました♪

それから、イノシシ革グッズのコーナーに、リニューアルしたKIBINOの紹介ボードを発見!英語表記を加えたほか、マスコットにイノシシ革を使っていて、とてもオシャレです ↓

吉備ワークの利用者さんが、新発売のイノシシ革パスケース(1,500円)をPRしてくれました。

 

このほか、地元産デニムをつかったあおばの「スタイ/よだれかけ(300円)」(=写真左)や、いづみ寮「ファーマー」班が育てた花「チロリアンデージー」(=写真右)が新たに販売されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、今年度最後の昼の市レポートでした。

 

さて、来年度最初の昼の市は4月25日(水)に開催予定です。

皆さんのご来場を、心よりお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

2月の昼の市は・・・

2018.03.01[広報から

みなさんこんにちは。

今日から3月ですね。寒さは少し和らいできましたが、くれぐれもお体ご自愛ください。

 

 さて、昨日2月28日は祇園地区で昼の市がありました。旭川荘からは4施設が出店。旬のアイテムや新製品などを少し紹介します。

 まず、あおばから↓

毎年、リニューアルする「節句の人形」―。昨年登場したケース入りの立雛に竹の輪をレイアウトしたもの(1300円)や、今年の「竹の輪ミニびな」の輪をカットしたアーチ状の飾り(400円)が新たに加わりました。

そして、「五月人形」のサンプルが早くもお目見え↓

今年は金太郎たちと一緒に、鯉のぼりがデザインされたフォトフレーム付き(800円)。昨日の市では2人のお客さんから注文があったそうです。お問い合わせは、あおば(086-275-2074)まで。

 

 

続いて、吉備ワークホーム↓

 この日は、デニムと花柄の生地を組み合わせたバッグや、巾着袋がよく売れていました。また、定番のセラミック粘土でできた、小さな「おひなさま」(500円)も並んでいて、その表情に癒やされました☆

 

最後に、愛育寮のカメリアベーカリー↓

“開店”と同時に行列ができ、皆さん3~4個まとめ買いしていました。私は、天然酵母パンの「クリームチーズ&ラズベリー」と「クルミ&イチジク」(いずれも150円)をゲット(写真右参照)。表面がパリッとした食感で、中がもちもちしていて美味しかったです♪

 

以上、簡単ですが2月の昼の市レポートでした。

 

次回の昼の市は、3月28日(水)に開催予定です。

ご来店お待ちしています。

ページトップへ

2018年「昼の市」スタート♪

2018.01.25[広報から

みなさん、こんにちは。2018年になって1カ月が経とうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか?

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、今年最初の昼の市を1月24日に祇園地区(旭川児童院2号棟1階のエントランスホール)で開催しました。寒さのせいか旭川荘からの出店は吉備ワークホームとあおばの2施設のみでしたが、新春ならではのアイテムや新製品を紹介します。

 

まずは、吉備ワークホームから。今年の干支「戌(イヌ)グッズ」がいろいろ。

*セラミックマグネット(100円) ↓        *セラミックストラップ(100円)↓

イヌの顔だけだったり、全身だったりとさまざまで、見ているだけで楽しいです。それから、イヌのストラップも入った「福袋」を発見!

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                            他に巾着袋とティッシュカバー、シュシュも入って通常価格より250円安い800円。ラッピングもおしゃれです。次はバレンタインなどに向けて、ギフトセットを考案予定とのこと。今後の展開もお楽しみに♪

 

続いて、あおばです!水引を使ったおしゃれな「髪飾り」を新発売!

 

この結び方は“あわじ結び”と言い、ビーズが付いて素敵です。 スタッフによると、あわじ結びのデザインは、今流行っているとのこと。写真上側の「ヘアピン」が150円で、下側の「バレッタ」が300円です。

 

そして、人気の季節商品「ひな飾り」が早くも登場!!

 

 

 

 

 

 

 

今年は、“竹バージョン”を新たに2つ販売しました。1つは台座の上に輪切りの竹を固定したもの=写真中(500円)で、背面に和紙を採用。もう1つは、“かぐや姫”のように、竹の中にお内裏様とお雛様が居るタイプ=写真右(600円)。この日、後者は2つしか在庫がなく、すぐに売り切れていました。※なお、この竹はあおばの利用者さんたちが旭川荘内の竹やぶから切り取ってきたものを活用しています。

切り出した竹は、カビの発生を防ぐために「油抜き」を施して表面を火であぶっているほか、変色しないように色を付けてニスで光沢を出しています。とってもキュートでエコな「ひな飾り」を、ぜひ手に取ってご覧ください。

ちなみに、竹を使っていない小さい方の置物は300円で、背景が屏風と扇の2種類(写真左の手前を参照)です。在庫や購入方法などのお問合せは、あおば(TEL:086-275-2074)までお願いします。

 

以上、新年最初の昼の市レポートでした。


次回の昼の市は、2月28日(水)11時~13時、資料館南側広場で開催予定です。

ご来場、お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

2017年最後の昼の市は…

2017.12.21[広報から

寒気の影響で、このところ寒い日が続いています。
先日まで紅葉していた木々もすっかり葉を落とし、ここ祇園地区も冬の景色に…
でも寒いなんて言っていられません!
12月20日は今年最後の昼の市。荘内の4施設が児童院前に集いました。

まずは愛育寮・カメリアベーカリー。

“開店”と同時に次々と売れていきます。この日の一押しは「天然酵母パン」。クルミ入りと、クリームチーズ&クランベリーの2種類で、試食も用意されていました。まろやかなクリームチーズと酸味のあるクランベリーがマッチして、パンの美味しさを引き立てています。

この日は愛育寮・織工房の結び織マットも展示・販売。明るい色合いが目を引きます。クリスマスツリーをモチーフにしたウールのマットと、やや細めの糸を使用した壁掛けタイプのものがあり、お客さんが手触りを確かめながら品定め。用意した7点のうち5点が早々と売れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉備ワークホームもクリスマスに合わせて、新作のツリーとサンタのマグネット&ブローチを用意。冬ならではのスノーマン(雪だるま)ストラップもおすすめです。さらに2018年の干支・犬のストラップも。色使いが雪だるまっぽいのですが、なかなかキュートでしょう?

いづみ寮も祗園窯でつくる干支の犬の置物を販売。正月の寄せ植えに欠かせない葉ボタンのポットも人気を集めていました。

さらに干支モノといえば、あおばの干支の置物と正月飾り。干支の置物はここ数年の定番で、今年はカレンダー付きや、横に長いロングサイズのものも。正月飾りはわら細工のお飾りに犬のキーホルダーが付いた今シーズンの新作で、先日、岡山市役所で開催されたバザーでも好評だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、参加4施設の、この時期ならではの製品を駆け足で紹介しました。
来年も「ぎおんの杜から…」ブログでおすすめ製品の情報を発信していきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

写真・作品展 in 川崎医大総合医療センター

2017.11.13[広報から

 毎年秋に旧川崎病院(岡山市北区中山下)で開催していた「旭川荘写真・作品展」。今回から、旧深柢小学校跡地に新設された「川崎医科大学総合医療センター」に会場を移し、実施させていただくことになりました。
 11月13日は初日。エスカレーターで3階に上がったところが会場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回で第31回となる「写真・作品展」。リピーターも多く、販売の準備をしていると「(販売は)今日から? 診察の後で買いに来るね」…と声を掛けてくださる方も。初日のオープンは午前11時の予定でしたが、お客さんが続々と集まり始めたので、10時過ぎに販売開始。人が人を呼び、クッキーにマドレーヌ、らっきょう…と食品を中心に次々と売れていきます。

 新製品、パッケージをリニューアルした製品もいくつか並んでいます。

 望の丘ワークセンターの「りんごjam」。製造委託先が変わり、瓶の形も一新。ラベルには「『シナノスイート』で作った…」とりんごの品種が入りました。また「おから茶」もポット用の大きなバッグからカップ用ティーバッグになり、パッケージも新しくなっています。

 わかば寮の「米粉クッキー」(紅茶、ごま)も写真・作品展初登場。さくさくとした軽い歯触りと、口の中でほろほろと溶けていくソフトな食感は、ちょっとくせになりそうです。ダイエット中の方にも嬉しい、グルテンフリースイーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかに目新しいのは、いづみ寮・祗園窯の陶器「無地シリーズ」。祗園窯といえばドット(水玉模様)が入った器がよく知られていますが、すっきりとシンプルな無地もお洒落です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の干支戌(いぬ)にちなみ、犬関連の製品も取り揃えています。

 先月の昼の市ブログでも取り上げた、あおばの「正月飾り」。水引を使った吊るすタイプも好評で、並べた先から売れていきました。また、せとうち旭川荘は3年前の未(ひつじ)年から手掛ける干支のオブジェを販売。白い犬と茶色い犬の2種類ありますが、どちらも可愛いので迷ってしまいます。

 会場には、利用者がボッチャを楽しむ様子や、農作業に取り組む姿など、各施設の日常風景を写した写真を「つくる」「働く」「笑顔」のテーマに分けて紹介しています。キャプションと合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、6月の「写真・作品展」(倉敷市・川崎医科大学附属病院で開催)と同様にアート作品コーナーを設け、旭川荘アートギャラリーに出品された水彩画や切り絵なども展示しています。細かな描写や大胆な色使いに、思わず足を止めて見入る方も…

 

「写真・作品展」の会期は11月13日から17日まで。午前9時から午後4時まで(17日は午後2時半終了)ご購入&ご覧いただけます。掘り出し物を探しに、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

11/3,4は岡山駅で「ノウフク野外マルシェ」

2017.11.02[広報から

みなさん、こんにちは。

11月に入り、寒くなってきました。体調管理にはお気をつけください。

 

さて、11/3(金),4(土)の2日間は、岡山駅東口駅前広場で開かれる「ノウフク野外マルシェ」に、旭川荘から望の丘ワークセンター、松山ワークセンター、真庭地域センター、吉備ワークホーム、わかば寮の5施設が合同で出店します。昨秋、今夏に続いて3回目。先ほど、スタッフと一緒に搬入と陳列をしてきました。

こちら、旭川荘ブース(左から2番目)も並ぶ外観↓ ※岡山駅東口の階段を下りて右側近くです!!

反対側から↓

 それでは、旭川荘が販売する製品の一部を紹介します。

*食品コーナー*

農産物↓

望の丘ワークセンターは、旬のりんごを限定で30個販売します!

また、人気のおから茶(三角パック)はパッケージを一新。初日に限り、試飲ができます(なくなり次第終了となります)。

 

 

こちらは焼き菓子↓

松山ワークセンター(写真上側)は、定番のCotoliクッキー5種類に加え、限定「くるみサブレ」(1枚入り、10個)も並びます。

 初参加のわかば寮(下側)は、おからクッキー7種と、おつまみシリーズ(BBQ、オニオン、ガーリック)を含むスティック8種がずらり。こちらも数に限りがありますので、気になった人はお早めに♪

 

*雑貨コーナー* 

真庭地域センターが木製のしおりや小物入れ、パズルを出品。一部、見本もありますので、ヒノキの香りをかいでみたり、触って質感を確かめてみたりしてください。

 

 

 

吉備ワークホームも、木製の名刺入れやパスケース、地図パズル(岡山県)をPR。その他、イノシシ革を使ったKIBINOのアクセサリーやバッグもたくさんあります。

 

 

 

ノウフク野外マルシェの告知は以上です。

明日あさって、岡山駅近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

なお、4日(土)は、吉備ワークホームの利用者さん数人が、店番や買い物に来る予定です。

ご来場お待ちしています。

 【岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ】→岡山県HP

◇日時:平成29年11月3日(金),4日(土)10時~17時◇場所:JR岡山駅東口駅前広場

ページトップへ

10月の昼の市と…

2017.10.29[広報から

みなさん、こんにちは。

日に日に寒くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、10月の昼の市が25日に行われ、荘内から4施設が出店。気になったモノを少し紹介します。

 まずは、吉備ワークホームから↓

定番商品、車いす用の布製バッグ。左右の輪になった持ち手を、車いすのハンドルに引っ掛けて使用。中にはこんな使用法も。自転車のハンドルに持ち手を掛けておけば、ひったくり防止にもなります(=写真右上)。工夫次第で、いろいろな使い方ができそうです。

バッグは他にもいろいろ↓

 

それから、プリントの柄を利用したヘアゴムもありました↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、あおば↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の干支・犬の正月飾りも登場していました。水引を使った新作の正月飾り(=写真右上)も。これは中の台紙を外して壁に掛けられ、イヌのマスコットは取り外してストラップとして使えます。

 

次は、愛育寮・カメリアベーカリーのパン↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のお買い得品は、チョコクロワッサンと

デニッシュ2種。160円が120円でした!

 

最後はいづみ

 

 

 

 

 

 

 

今回売っていた花は、ベゴニアとビオラ。荘内の職員も家庭用や施設のベランダにまとめ買いしていました。また、祗園窯といえばドット(水玉)の器がよく知られていますが、無地のシンプルなものも作り始めたそうです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら新作の茶碗2種↓

シンプルな白と、緑のドットとあり、広報室スタッフは迷った末に緑の方を購入。小ぶりなので、鍋物などの取り鉢としても使えそうです。

 

以上、10月の昼の市レポートでした。

 次回は、1122日に開催予定です。

ご来場、お待ちしています。

 

 

 さて、イベントのお知らせです。

 来週113(金)、4()に、JR岡山駅東口駅前広場で「ノウフク野外マルシェ・秋」が開催されます。旭川荘から、望の丘ワークセンター、松山ワークセンター、吉備ワークホーム、真庭地域センター、わかば寮の5施設が出店します。近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

【岡山スマイルーシブ★ノウフク野外マルシェ】

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

予約注文開始しました!

2017.08.30[望の丘ワークセンター

暑い日が続いていますが、朝夕には涼しさが顔を覗かせ秋の気配を感じる今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて平成29年度「やたかの里りんご」のオーナー・ギフト、梨の注文が開始されました。

今年度はオーナーの募集を「フジ」・「王林」のみとさせていただいております。

お間違えのないようお願いいたします。

ギフトに関しては品種の変更はございません。

 

りんごも梨も今年度は大きな問題もなく順調に生育しており、

ご満足いただける美味しい果物をお届けできると思います!

ご注文をお待ちしております。

 

パンフ H29年

H29 りんごギフト・梨注文用紙

H29 オーナー申込み用紙

 

 

 

 

 

ページトップへ

ひらたの市 in 木陰!

2017.08.28[わかば寮

ひらた旭川荘では毎月第3木曜日に「ひらたの市」を開いています。これまでは入りやすさを考え、正門からほど近い場所で開催していましたが、夏の日差しがきびしくなってきたため、8月17日に試行的にひらた旭川荘の敷地の中ほどにある、“ひらたの杜”で「ひらたの市」を開催してみました!

 

夏休みということもあり、子供に楽しんでもらえるように、子供向けイベントを準備。

[caption id="attachment_10154" align="alignright" width="300"] くじびきコーナー。一等賞はハンドスピナー! [caption id="attachment_10155" align="alignleft" width="300"] 学生ボランティアによる紙芝居。[/caption]

 

 

 

ひらたの杜は背の高いフウの木のため、深い木陰が広く作られます。この日も厳しい日差しでしたが、木陰の下は、別世界のように涼しく感じました。

 

木の葉が太陽の光をエネルギーとして木の水分を蒸発させる際に、木の葉の中にある水も一緒に蒸発させ、周りの熱エネルギーを奪っていくというしくみで涼しくなるとのことです。

<p

いつもの「ひらたの市」では、買い物をされ、短時間で帰られる方が多いですが、皆テーブルでゆっくりと過ごされていました。

ページトップへ

8月の昼の市は…

2017.08.23[広報から

連日厳しい残暑が続いていますね。 皆さん、夏バテなどしていませんか?

毎月第4水曜日は祗園地区の昼の市。 8月23日もカメラを持って、買い物に行ってきました。

今回は、いづみ寮の窯業班が参加するとの情報を事前にキャッチ。いました!いづみ寮の皆さん、すでに児童院2号棟前にスタンバイしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉敷のミュージアムショップで大好評の三角花器にフリーカップ。一回り大きめのマグカップと蓋付きの器は新作だそうです。
そして女性に人気の「鳥のブローチ」も。
用意した2個は早々に売れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園芸班も花の苗を販売。上の棚は「サルビア」、下は「ポーチュラカ」です。
担当の職員によると、今夏は日照不足と高温多湿で、苗の生育も今一つとのこと。
でもポーチュラカの苗3個100円って…安過ぎでは???
次回9月の昼の市には「ナデシコ」「ベゴニア」が並ぶそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いづみ寮のお隣は、吉備ワークホームのお店。「KIBINO」製品を中心とした品ぞろえです。
写真右上の円いチャーム以外は他法人の製品ですが、KIBINOブランドを手掛ける“仲間”ということで相互に販売するようにしたところ、全体の売り上げもアップ!
昼の市でイノシシ革のアイテムがいろいろと選べるのは、ファンとしても大歓迎です。

そして吉備ワークのお向かいには、あおばが出店。
今は季節ものの製品がなく、ちょうど端境期とのことですが、敢えておすすめを聞くと、「竹炭入り花かご」をプッシュしてくれました。
ラップを外してお部屋に置くだけで消臭効果が期待できるそうです。
リビングに一ついかがでしょう?

昼の市の日のランチは、愛育寮カメリアベーカリーのパンと決めています。
いつも早々に売り切れてしまうので、取材の前にクッキーと合わせて購入。
よく冷えたアイスティーをサービスしていただき、ほっと一息つきました♪

さらにさらに、毎回素通りできないのが、ときわヴィレッジの手作りハム。
今回は肩ロースハムとスモークチキンを買い求めました。
レタスやキュウリ、トマトなどとともにお皿に盛るだけで、いつものサラダがグレードアップ!献立に悩む主婦の強い味方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の昼の市は9月27日に開催します。

ブログをご覧の皆さん、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ